薄毛治療に有効なAGA治療は簡単な治療ではなく、治療による副作用が怖い

近年男性の男性型脱毛症(AGA)の治療としてAGA治療が注目されていますね。
AGAとは髪の毛の成長サイクルが乱れる病気で、原因は男性ホルモンや遺伝、食生活やストレスなど様々です。
これまで薄毛になったと実感しても、効果的な手立てはありませんでしたが、AGA治療ができるようになってからは薄毛に悩まされる男性が少なからず減少したと言えるでしょう。
しかし、AGA治療は薬品による治療のため、少なからず副作用に関する懸念があります。
まずAGAの治療はどのように行うことができるのでしょう?
基本的には病院へ行くことが重要です。
AGA治療を専門的に行っている発毛外来や、薄毛治療を行っている皮膚科へ赴くといいでしょう。
そこでカウンセリングを受け、治療を受ける人がどのような原因で薄毛に悩まされているか探っていくのです。
AGA治療で多く使用されているのは、フィナステリドとミノキシジルという成分が含まれている薬剤です。
フィナステリドは男性ホルモンに作用する成分です。
男性ホルモンが変異したことによって脱毛の命令を出してしまい、男性型脱毛症を引き起こしている場合に有効な成分なのです。
しかし、男性ホルモンに作用することで、性欲減退や男性機能に不具合がでるといった副作用がわずかながら確認されています。
しかもフィスナステリド自体は飲み続けなければ効果が維持できない薬であるため、新婚夫婦であったり、今後子どもを作ろうと考えているのであれば、副作用のことをしっかり認識しておく必要があるでしょう。
そして、ミノキシジルは発毛を促進する効果があるとされています。
ミノキシジルには血管を拡張する効果があり、毛細血管まで血液中に含まれる栄養素を供給することができるので、髪の毛が成長するために必要な毛母細胞の活動を活発にすることができるのです。
しかし、こちらにも副作用があって、もともと高血圧の人に処方していた薬なので、低血圧の人が服用すると血圧が下がりすぎてしまうという副作用があります。
それ以外にも、高血圧で血圧を下げる薬を服用している人が、さらにミノキシジルを服用することで血圧を必要以上に下げてしまう危険性もあるのです。
ただ、こちらに関しては、薬を貰う前に、医師に服用している薬や血圧のことを相談することで防げる副作用ですので、まず医師に自分の状態を嘘偽りなく話しておくことが大事でしょう。
薄毛をコンプレックスに感じる人も多く、治療できるのであれば治療したいと考えると思われますが、AGA治療の効果がもっともあると言われる30歳~40歳の場合、結婚などの大きなイベントもありますから、治療を開始するときには副作用も合わせてしっかりと回りの人と話し合いましょう。