豆乳のagaへの効果について

豆乳などの大豆食品は、aga(男性型脱毛症)の緩和に効果があるとされ、薄毛がみるみるうちに改善するといった直接的な効果までは期待できないものの、髪にとっては良いと言われています。
豆乳には「イソフラボン」と呼ばれる植物性ポリフェノールが多く含まれており、そのイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、agaの原因である男性ホルモンの過剰分泌を、ゆるやかに防ぐ効果があると考えられています。
さらにイソフラボンについては、トウガラシなどに含まれるカプサイシンと一緒に摂取することで、髪の毛の成長因子であるIGF-1を増やすことができるということも知られています。
そしてaga以外の薄毛の場合は、イソフラボンの美肌効果によって頭皮環境が改善される効果が期待できると言われています。ただし長期間の多量摂取は甲状腺肥大の原因になってしまう恐れがあるため、過剰な摂取は避けるようにしましょう。
また豆乳などの大豆食品は、男性のagaよりも女性の薄毛のほうに効果があるとも言われています。
女性ホルモンであるエストロゲンは、年齢とともに分泌量が減少していくため、それと似た働きをするイソフラボンを摂取することでホルモンバランスが整えられ、薄毛症状が緩和されると考えられています。